歴民研活動報告
このブログでは京都学園大学「歴史民俗研究会」の活動を紹介しています
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/09/11(木)   CATEGORY: 活動日誌
保津川筏復活プロジェクト2008速報
天候に恵まれ、無事に筏復活プロジェクト2008を実施することができました。その様子を報告します。

9月10日に実施することは以前から決定していました。これは、一昨年保津川で起きた落石事故の防止策として、保津川遊船企業組合がこの日を一斉運休し、船頭さんや業者が保津峡の危険な箇所のチェックに出ており、保津大橋下の保津浜の会場を確保しやすいためでした。観光客に安心・安全な川下りを楽しんでもらうための一日でした。

歴史民俗研究会からは、聞き取り調査と同様に私が、歴史民俗学専攻からは教授と学生が見学に来ました。

朝早くから保津大橋下の保津浜会場では展示・休憩用のテントが組み立てられました。
その中に、連絡協議会に参加している各団体の展示物や、筏の歴史を知るための貴重な資料が並べられました。これらは、午後から来る一般参加者や小学生、高校生に筏や保津川を学んでもらうために用意されました。

P1000008.jpg
設置された休憩用テント

P1000013.jpg  P1000014.jpg  P1000021.jpg

(左)NPO法人プロジェクト保津川の展示物 (中)桂川流域ネットワークの展示物 (右)保津川ゴミゼロ環境アクション2008のお知らせ

10月26日に京都学園大学で開催する保津川ゴミゼロ環境アクション2008の案内も設置しました。詳しくはこちらで。


P1000023.jpg  P1000024.jpg  P1000027.jpg

「筏流しの記憶」から保津川の舟運、河川開削などの歴史の展示物(所蔵:亀岡市文化資料館)

P1000028.jpg  P1000029.jpg
 
(左)筏組みのために必要な道具「カン」「ネソ」「トチ」 (右)「弁当籠」と「曳綱」

P1000015.jpg  P1000018.jpg


プロジェクト保津川と筏復活プロジェクトのオリジナルTシャツ。スタッフが着用しているものと同じものが販売されました。

P1000007.jpg私が展示物の準備をしている間、保津川下りの船頭さんたちが、酒井さん、上田さんのご指導を受けながら、3連の筏を組みました。前回の筏試作会と同様の、保津小学校に保管されていた北山杉と、ヒノキの丸太を使いました。今回の筏復活プロジェクトに参加してくださったのは、保津川のゴミ問題や筏文化に関心を持っている若手の船頭さんです。






 P1000012.jpg  P1000016.jpg  P1000020.jpg

作業を開始して1時間半ほどで3連の筏が完成しました。午後のスケジュールまで余裕があったので、船頭さんやスタッフが筏に試乗しました。

P1000019.jpg  P1000022.jpg

P1000035.jpg

完成した3連の筏


午後は亀岡市立保津小学校の児童と、京都府立南丹高等学校の生徒が筏組みと試乗の体験学習をしました。最初に、NPO法人プロジェクト保津川の副代表、原田貞夫さんが開会の挨拶をしました。その後、来賓として会場を訪問された南丹広域振興局局長、亀岡市教育委員会教育長の挨拶がありました。保津小学校が近いうちに来日される予定の英国チャールズ皇太子の保津川訪問を以前から呼びかけていることが紹介されました。

それから、亀岡市文化資料館の黒川館長が筏の説明をして、児童・生徒はさっそく作業に入ります。酒井さん、上田さんから筏組みの技術を伝授してもらった現役の船頭さんたちが、児童・生徒に「カン」の打ち方などをレクチャーしました。

P1000030.jpg  P1000033.jpg  P1000037.jpg  P1000038.jpg


いよいよ3連の筏を連結した6連の筏を保津浜から山本浜まで流します。関係者や報道関係者、一般参加者が見守る中、15時半に船頭さん5人が乗った筏が山本浜を目指して出発しました。

P1000036.jpg  P1000039.jpg P1000041.jpg

P1000043.jpg  P1000045.jpg  P1000046.jpg

     
P1000048.jpg私は会場の後片付けのため、筏の引き揚げや解体作業を見ることはできませんでしたが、筏は無事に山本浜までたどり着いたそうです。こうして、1200年以上の歴史をもつ保津川の筏流しを約60年ぶりに復活することができました。今までも小規模ながら筏組みのイベントが各地で実施されていましたが、実際に筏を流すまでは至らなかったそうです。
昨年の天若湖アートプロジェクト2007で筏組みに参加した若手船頭さんによると、「筏は組むだけではなく、川に流してはじめて筏になる」という見学者の厳しい意見を耳にしたため、この筏復活プロジェクトで嵐山までの筏流しの再現を目指すことで、保津川流域のまちづくりや環境問題解決を主導していきたいと話していました。

関係者の皆さま、本当にお疲れ様でした。

まねーじゃーさん

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 歴民研活動報告. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。