歴民研活動報告
このブログでは京都学園大学「歴史民俗研究会」の活動を紹介しています
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/08/29(金)   CATEGORY: 活動日誌
保津町まちづくりフィールドワーク①
 亀岡市は1954年に1町15村の町村合併(のちに船井郡東本梅村、南桑田郡篠村編入)で誕生した町です。そのため、かつて村であった地域は、それぞれのコミュニティで独自のまちづくりを行っています。その中でも、地域の宝を子どもたちにも共有しながら地域を巡ることのできる、保津町の「保津百景道しるべ」をフィールドワークしました。
 今日はその第1回目で、保津町自治会を訪問し、保津町の歴史やまちづくりの意義を教えていただいたのち、大学や歴史民俗研究会とのまちづくりの共同研究を提案しました。
 写真は4月に開業した亀岡駅の新駅舎。保津町へは駅の北口からアクセスすることができるようになりました。駅北口には季節の花々が育てられています。これからの季節はコスモスが見どころになるそうです。

IMG_0179.jpg  IMG_0181.jpg


 保津川下り乗船場を通過し、大橋を渡ります。大橋からは保津川(桂川)を一望することができます。この大橋を渡ったところのT字路には、写真のような看板が立てられています。これが「保津百景道しるべ」の案内です。「大家族宣言のまち 保津町」は追々説明しますが、これが保津町のまちづくりの根本となる考え方となっています。

IMG_0177.jpg  IMG_0169.jpg


 案内看板の周辺には、赤い看板があります。番号が振られています。これが「保津百景道しるべ」で、保津町自治会が中心となって町内各地に160本立てたものです。看板の隅にはQRコードが貼られています。これを携帯電話のバーコードリーダーで読み取るとこの看板に関する情報が表示されるのです。

IMG_0167.jpg  IMG_0166.jpg


 さて、保津町自治会役員の皆さんから保津町のまちづくり、「ふるさと百景道しるべ」についてお話を伺いました。設置の目的は、町内に点在する遺跡や名所などを通して、歴史文化を学習するために立てられました。この看板を見た子どもが、家で父母あるいは祖父母に聞くことによって、家族のコミュニケーションのきっかけにもなります。また、この看板づくりの一部は亀岡市立保津小学校の児童とその保護者らによって行われました。このような地域の歴史文化を学習する手法は「地域学」や「地元学」とよく似ています。
 この「保津百景道しるべ」をたどっていくことで、①北保津コース、②保津川コース、愛宕谷コース、④明智越えコースの4つのコースを通過することになります。特に「明智越え」コースは人気で、市内だけでなく、奈良や枚方から散策に来られた方もいるそうです。これからこの4つのコースと看板160本をめぐって、保津町のまちづくり研究を進めたいと思います。

まねーじゃーさん
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 歴民研活動報告. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。