歴民研活動報告
このブログでは京都学園大学「歴史民俗研究会」の活動を紹介しています
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/06/22(日)   CATEGORY: 活動日誌
歴民研・部長と副部長です。
                    DVC00220.jpg
      
                 皆さん、こんにちは。
                 歴民研の部長(右:青坊主)と副部長(左:化け鼠?)です。

今日は、小椋神社1150年祭を記念して製作されている妖怪映画『虹の峠』の妖怪エキストラに参加して参りました。
撮影場所は、滋賀県大津市仰木という所で、映画『蟲師』の舞台にもなったそうです。田園風景の広がるとても開放感のある場所でした。
私たちが参加したのは百鬼夜行のシーンで、五十人ほどが妖怪の格好をして「どってん どんぶく どどん どん~♪」と歌いながら、黄昏時のあぜ道を歩きました。が、とにかく暑い!蒸し蒸しのお天気な上に、被り物&着物というのは本当に暑かったです。

               DSC00109_convert_20080623001711_convert_20080623002509.jpg

               ↑の写真は地元の小学生です。小さな妖怪さんで、可愛かったです。

               DSC00110_convert_20080623014636.jpg

               ↑う~ん・・・なんだかシュール。
 
               DSC00114_convert_20080623001800_convert_20080623002447.jpg

               ↑お近づきになった妖怪さん。
                 
衣装は、一条妖怪ストリートの皆様が用意してくださったものです。妖怪ストリートさんは、一条の商店街を妖怪で盛り上げようという活動をされている方々です。他にも、現在、妖怪を使って地域を活性化させようという試みをされている方々が結構いらっしゃるそうです。(素晴らしいです~。)学園大でも、妖怪文化論という人気の授業があります。妖怪需要はまだまだ続きそうです・・・。

               DSC00112_convert_20080623002601.jpg


今回の撮影では、いろんな方が参加していて、とっても楽しかったです~。
歴民研もこういうものを作って、文化祭で百鬼夜行したいな~・・・なんて思います・・・。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 歴民研活動報告. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。