歴民研活動報告
このブログでは京都学園大学「歴史民俗研究会」の活動を紹介しています
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/04/04(日)   CATEGORY: レポート
参与観察~その3~
考察
 調査の結果で教員が研究室にいる時間が少ないことがわかった。また、イスの座る場所も学年ごとに違いが出ることがわかった。学生に話を聞くと大体自分はこのあたりの席に着くということが必然的に決まっていてだからそのあたりに座ると言っていた。これからわかることは研究室内にある一か所の自分の居場所を作りだすことでこの部屋に愛着をもつのではないだろうか。また、ある一定の席に着かず、様々なところに移動している人も見られた。これは学年に関係なかった。そのような人は会話をする相手がいろいろであり会話をするために移動しているように思えた。常にこの研究室では誰かが会話をしている状況であった。会話の内容もほとんどが明るい内容であり、特に2回生、女子の笑い声が多かった。研究室に来ると誰かがいて会話があるという明るい雰囲気に学生はつられてきているのではないかだろうか。
 この調査を行って意外だったのが教員が部屋にいる時間が少ないということである。この調査期間中は教員が学校に来る日が少なかったのと教員が会議のために部屋にいなかったことも影響しているかもしれない。だが、S先生に至っては出現率のわりに部屋にいる時間が極端に短い。また、行動をみてもドアの利用率が高かった。
 教員がいなくても学生が中心となって部屋を利用しているように結果から分かった。2008年から本格的な研究室の利用が行われ、その時に入学してきた2回生が部屋の中核的な役割を担っているのかもしれない。教員が中心ではなく学生の見えない主体性が学生をこの部屋に集まる原因の一つのように思える。

 
~反省~ 
 今回この調査をしてみて研究室の知られざる過去をしることができ楽しかった。また、短い間の調査もあり、普段の授業期間でもなかったため結果が普段の共同研究室というに相応しいかは微妙である。だが、4日間の昼休みの時間帯にこれだけの人が研究室を利用しているというのはおもしろい。出現率が高いから部屋にいる平均時間が長いということに繋がらず、出現率が低くても平均時間が長い人もいた。もし、次もやるのであればもっと長期間に調査を行い、来た人から研究室のイメージなど具体的に利用者が思っていることをまとめてもおもしろい結果が出るのではないだろうか。


昔の見取り図


 以上で『質的社会調査法』という授業で行った参与観察のレポート掲載は終える。反省でも述べているようにこの結果が正確でないことは承知である。また新年度が始まり新たにデータ収集ができればよいと考えている。
 読みづらいところもあったと思いますが、今まで読んでいただきありがとうございます。訂正箇所などがありましたらコメント欄にお書き下さい。
                                            ステルラ・マリス
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 歴民研活動報告. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。