歴民研活動報告
このブログでは京都学園大学「歴史民俗研究会」の活動を紹介しています
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/06/28(月)   CATEGORY: 歴民研怪談録
人から聞いた怖い話4
人から聞いた話、4話まで来ました。
めざせ100話(100物語的な意味で)
まれに自分が体験した話もUPする予定です。

高校生の時、先生から聞いた話・・・
毎回毎回、先生の授業に寝ている生徒がいた。
しかも寝ている生徒の席は、教卓の前。
つまり、先生の目の前で寝ているというのだ。
何度起こしても、寝てしまう。
さすがに教育者の身としては、一生懸命授業を考えているのに、気分が悪い。
その内起こすことに諦めたらしい。
夏休みが開け、2学期になってから、これまで寝ていた生徒が、授業を寝ずに真面目に受けていた。
驚いた先生は生徒に「なんで、いきなり真面目になったの?あんた1学期ずっと寝てたじゃん」と聞いた。
生徒は「僕・・・春は霊に憑かれるんです。」と言ったらしい。
先生は当然ながら、何言ってるんだ・・・と思ったらしい。
信じてくれなかったので生徒は先生に両手で手のひらを見せた。
「証拠見せるね先生。僕の手を見てて。」と言って生徒は両手を拍手する様に「パンッ」と叩いた。
両手を先生に見せると、先ほどまで付いていなかった、赤ちゃんの様な手形が、くっきりと手のひらに残っていた。
「僕、春は霊が見えるんです。夜は寝ていると、天井に霊がへばり付いて僕を見下ろしている。それが怖くて、春は夜に寝る事が出来ない。だから夜は起きて、昼間は寝てたんです。春が過ぎるともう霊は見えなくなるんです。でも見えないだけで、憑かれてるんですよね。」
先生はその生徒が卒業しても、未だにあの手のひらに付いた、手形が忘れられないらしい・・・。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/06/24(木)   CATEGORY: 歴民研怪談録
人から聞いた怖い話3
昔、私の近所に閉店した古い喫茶店があった。
小学生低学年の時に、近所の子達とその喫茶店で探検しようという話になった。
鍵は幸いにも閉まっていなかったので、簡単に入る事が出来た。
中は暗く、散らかっていて、虫も多かったので、とても入る気になれなかった私は外で待つ事にした。
数分後友達が急いで外に出てきた。
聞けば2階まで侵入して、人影を見たというのだ。
しかし、喫茶店の中は、絶対に人が住める状態ではなかった。
あの人影が何だったのかは未だに分からない。

2回生 天
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/06/18(金)   CATEGORY: 歴民研怪談録
人から聞いた怖い話
小学生の時に聞いた怖い話(作り話の可能性大)
小学生の時、私はあるキャンプ場でキャンプをした。
ある夜は1時間かけて山を下る、肝試しに参加した。
その時スタッフさんに聞いた怖い話。
昔ある村にトンネルを掘ろうとしていた。
地質調査の為、ボーリングをさしてみる。
しかし、ボーリングは途中で折れてしまったらしい。
何度新しいボーリングをさしても、ボーリングは折れてしまう。
そこで、ボーリングが折れた場所を掘り返してみた。
その下には大量の人骨が埋まっていた・・・。
人骨を供養すると、ボーリングは折れなくなり、無事トンネルが建てられる様になったらしい。


2回生 天
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/06/13(日)   CATEGORY: 歴民研怪談録
人から聞いた怖い話
2回生の「天」と言います。私は、人から聞いた怪異のデータ化をしていきたいと思います。
私の父から聞いた話・・・
父はとある老人ホームの料理長であった。ある日休憩中ロビーに出てみた。
Aさん(仮名)がロビーの椅子で座っていたそうだ。しかし、本物のAさんな気がしない。生気を感じれない。
実際目の前にいるのに、ここに本物のAさんは存在していない気がする。(ドッペルゲンガー?)
数日後Aさんは亡くなったらしい。父がAさんを見た時間、Aさんは外に出ず部屋にいたそうだ。
この出来事は1回ではなかった。何度も何度も、違う人がここにいて、ここにいない気がする。
その人をみたら、近いうちに本人が亡くなるそうだ。
父曰く、「あれは霊魂だと思う。自分以外にはきっと見えていない。」だそうだ。
オカルト的に言えば、「死に掛けの人間の魂が彷徨っていた」と結論にいくだろう。
時間があるときに、分析してみたいと思う。
父は亡くなってしまったので、確認は不可能だが、人から聞いた怪異な出来事をこれからデータ化していきたいと思っている。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/06/06(日)   CATEGORY: 活動日誌
FW「大遣唐使展」!!!
考えてみると今学期入って初めのFWとなってしまいました…恐縮です。。。

本日は予定しておりました奈良国立博物館平城遷都1300年祭「大遣唐使展」に向かいました。
今日も暑い日でしたが一回生二人、二回生四人が参加してくれて向かいました。
忙しい時期ではありましたが大変参加者の皆さんありがとうございました。

私以外奈良博は初めてという学生が多く、博物館の雰囲気、展示品の照明の当たり方、文化財の扱い方などを見るのもいいかもね。と話をしながらいざ拝観。
今後行かれる方のことも考えてあまりネタばれは避けたいですが、本当に中国、アジア諸国から見た日本の存在、またその逆パターンが鮮明に解説されており、その文化財の存在用途など事細かに解説してくれていました。
文化財数261点!!!
本当に充実した時間でした。さすが歴民の学生。この261点を約三時間かけてまわりました
皆が皆興味があった文化財を中心に拝観。
最後に感想を聞く時間を設けられなかったのが不覚です…(本当にすみません)

人の数もよい具合にたくさんおり、最高の企画展となっているのではないかと思います。
予想以上に他国の文化財が多く、日本のものと比較できる文化財が多かったです。


最後にこの感動を。ということで参加メンバー全員が割り勘で出展目録の分厚い本を買いました!!!
これを共研に寄付します!!!
ぜひ皆さんにもこの感動を分け与えたいとの意向です。
また簡単な出展冊子も用意しました。先着約30部あります。明日から共研に置きますので早い者勝ちでどうぞ。

最後になりましたがまだ「大遣唐使展」は六月二十日まで開催されています。目録を見て個人的に行きたくなったというかたはぜひ行かれるべきかと思います。
価値ある800円でした。
この流れでぜひ今年の「正倉院展」も企画したいなと思う次第でありました。
報告の方を簡単ですがさせていただきました。

PS…大遣唐使展写真付き出展本は共研用に買ったものです。個人の持ち出しはご遠慮ください。できるだけたくさんの方に見ていただきたいのです。


深く合掌…    歴民研 西野
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2010/06/03(木)   CATEGORY: お知らせ
オープンキャンパス体験ゼミナールのお知らせ
今年もオープンキャンパスの季節がやってきました。
今年度のオープンキャンパス体験ゼミナールのテーマは、NHK連続テレビドラマ『ゲゲゲの女房』と『龍馬伝』の2本立てです。
来る6月20日の第1回目は「『ゲゲゲの女房』」です。
今年もオープンキャンパスに来られた高校生に歴民研グッズを配布します。
ぜひご来場ください。

歴史民俗研究会一同
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 歴民研活動報告. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。