歴民研活動報告
このブログでは京都学園大学「歴史民俗研究会」の活動を紹介しています
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/12/24(木)   CATEGORY: お知らせ
ふるさと再発見「映像で綴る亀岡展」のアンケートから
先月22日、ガレリアかめおかで開催された「映像で綴る亀岡展」では、学園大メディア社会学科の学生が制作した亀岡を紹介する映像のほか、歴民研が制作した「保津川筏復活プロジェクト2009 激流を越える平成の筏」も特別参加し、上映しました。来場者の皆さんからいただいたご意見・ご感想を紹介します。

・最初から見ていないが面白そうな企画だと思いました。
・作り方が丁寧で、筏組、筏流しがよくわかって、臨場感のあるいい番組でした。Good!!
・保津川の歴史が激流の様子などからわかり、大変意義深い作品だと感じました。
・筏流しの表だけでなくいろいろな裏側映像を映し出してよかったです。
・ドキュメンタリー風でよかったです。
・字(スーパー)があれば・・・野外なので雑音が・・・(老人の談話がスーパーがあればよかった)
・いかだ作りの流れがわかってよかった。いかだ作りの大変さがよくわかった。大勢の協力のもとスケール感もあり、見ごたえはあった。
・とてもいい作品だと思います。
・幼保から高等学校まで亀岡市に巡回してみてはどうでしょうか?
・非常に臨場感があふれて大迫力の映像でした。いい作品を見つけていただき、ありがとうございます。
・昔の作業を再現することで、昔の人の知恵や技術が今にもいかされることはいろいろあると思うのでこれ以外にも今はされなしなに伝統的なものは残していけたらいいと思う、この作品は好きです。
・途中からでしたがとてもよかったです。
・多くの力が集まって一つの事をやりとげるというのは、すごいです。大変良い企画と思いました。
・一回目の筏流しをテレビで見て今回このような機会に見られたことをうれしく思います。
・がんばれ
・テレビ番組みたいでした。
・途中からしか見ていないのですみません。亀岡に20年住んでいるがまだ一度も保津川下りもしていないが船でなく筏で急流を下る所は良くとれていたと思う。
・亀岡発展のためこのような映像を作って頂きありがとう。
・学園大生さんのパワーを感じました。
・筏に対する情熱これからもがんばってください。

20代から70代まで、幅広い世代の方にご覧いただきました。
たくさんのご意見・ご感想ありがとうございました。

つちのこ亭幸乃鳥
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/12/11(金)   CATEGORY: 活動日誌
大土訪問記―2009・冬―
図1
12月5日、6日の2日間、石川県加賀市山中温泉大土町を訪問しました。
今回は前回同様まちづくりの意見交換のほか、ひがしたに地区保存会が主催する野菜市の雰囲気を味わいました。
つづきを表示
[ TB*0 | CO*3 ] page top
Copyright © 歴民研活動報告. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。