歴民研活動報告
このブログでは京都学園大学「歴史民俗研究会」の活動を紹介しています
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/10/29(木)   CATEGORY: 活動日誌
道成寺フィールドワーク
和歌山県日高郡にある道成寺にフィールドワークしてきました。
道成寺とは「安珍と清姫」、「髪長姫」の伝説が語られている寺です。
今回は絵解きで「安珍と清姫」を聞きに行ってきました。
昔安珍という若い修験者(山伏)がいました。熊野権現へ向かう途中で、庄司清次という低に一晩泊めてもらいました。清姫は清次の娘でした。清姫は安珍に一目惚れ誘惑するが、修行の身である安珍は断った。翌日旅立とうとしたが清姫は別れを惜しんだ。安珍は「熊野の帰りにまた此処に寄ります」と約束をした。しかし約束の日は過ぎても安珍は清姫の前に現れなかった。清姫は旅人に熊野から参ってくる山伏について尋ねた。
旅人は「その山伏なら向こうの峠に行きましたよ」と言った。清姫は裏切られたことを知ると、安珍を追いかけた。やっとの思いで安珍に追いつくと、安珍は鬼女のような姿の清姫を恐れ「人違いです!!」と言った。人違いと言われ清姫の怒りは頂点に上った。逃げる途中渡し舟を見つけたので安珍は船頭に頼み乗せてもらった。清姫は川に飛び込み蛇体となり炎を吐きながら川を渡った。安珍は来る時に立ち寄った道成寺に助けを求めた。寺の僧達は安珍を鐘に隠した。蛇体となった清姫は道成寺に辿り着き、安珍を探した。降ろされた鐘の下に安珍の草鞋の紐が挟まっていた。清姫は鐘に巻きつき炎を吐いた。どのぐらいたったか、清姫は血のような涙を流し入水した。急いで僧達は安珍の元へ行くと、無残な姿となり死んでいた。
 安珍の遺体は燃えた鐘と一緒の場所に埋めたと言われています。
この場所は「安珍塚」と呼ばれています。
また道成寺から少し離れた場所に、清姫が入水した場所に「蛇塚」と呼ばれる塚がありました。
 この話は「愚痴らない事、怒らない事。そうしないと清姫のような姿になってしまいますよ」、「男性は女性を大事にする事。女性も男性を大事にする事。そうしないとこの2人のような結果になってしまいますよ。」との教えでした。
また国宝・重要文化財の仏像を多く安置しているので興味がある人は行ってみてください。
                                      天
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/10/21(水)   CATEGORY: 活動日誌
龍尾祭まで10日!
2009102117210000.jpgメディアつくる工房のご協力によって、写真のような展示パネルができました!
保津川筏復活プロジェクト、カン製作の記録、加賀市山中温泉大土町調査の記録をパネルにしています。
町家キャンパスで展示する予定です。

つちのこ亭幸乃鳥

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/10/16(金)   CATEGORY: 活動報告
みたらし祭り
2009年7月18日(土)~7月21日(火)5:30~22:30、京都市の下鴨神社(賀茂御祖神社)で『みたらし祭』(御手洗祭)が齋行される。
土用の丑の日に、境内にある御手洗池に足をひたすと罪、穢れを祓い、疫病、安産にも効能ありと伝えられる。平安朝以前から齋行された夏越の禊ぎ祓の風習が民間に伝わったもの。期間中、下鴨神社境内の御手洗池に祀られている御手洗社で、裸足になってみたらし池をすすむ「足つけ神事」には、老若男女が集まり、御手洗池で膝までを浸し、無病息災を祈る。
御手洗池から取れた黒い小石は「かん虫封じ神石」としての信仰があり、この日に限り授与されている。

今回参加したのは7月18日(土)。人が溢れるほど多く、「足つけ神事」をするために境内には長蛇の列が見られた。
ドキドキしながらも灯明を手に御手洗池に浸かり、進むと・・・想像以上に水は冷たく、大勢のなか人に火を灯さないか心配でした。
しかし、人に灯すことなく、無事に灯明を移動させることが出来ました。
水から上がり、神水をいただきました。・・・身も心も浄化されたような心地でした。

みたらし祭りには出店も出ており、みたらし団子の出店も・・・人が多く、時間の都合上買うことは出来なかったので未練の眼差しを向けるだけに留めました。

来年は是非とも食してみたいです。


Out of  コスモ

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/10/14(水)   CATEGORY: 亀岡の風景
亀岡の風景③
2009101319330000.jpg秋が日に日に深まる中、JR亀岡駅には写真のような提灯が飾られています。
今月23日~25日の3日間にわたって行われる亀岡祭の準備が着々と進んでいるようです。
今年も歴史民俗学専攻の学生がお手伝いで参加します。





つちのこ亭幸乃鳥
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/10/13(火)   CATEGORY: 活動日誌
映像作品「保津川筏復活プロジェクト2009 激流を越える平成の筏」上映のご案内(加筆)
2009100713420000.jpgこの半年間で撮影してきた筏復活プロジェクトの映像がDVDになりました。
内容は以下の通りです。

1.激流を越える平成の筏(約25分)
 今年で2回目となる「保津川筏復活プロジェクト」。昨年は保津浜~山本浜までの 筏流し再現でしたが、今回は保津峡の激流を越えて嵐山までの再現に挑戦しました。 更に今年は筏の材木を筏森山から切り出し、組み立てに欠かせない金具「カン」の製作を鍛冶屋さんに依頼して実際に使用しました。材木切り出し、カン製作の風景から、当日の筏流し再現、丸太引継式までを追ったドキュメト。

2.カン製作の記録(約27分)
 昨年、約60年ぶりに保津川に甦った筏。それは単に材木運搬の再現だけではありません。筏流しを支えた産業が、かつて亀岡にありました。「カン」と呼ばれる金具を作る一人の鍛冶屋の主人、片井操さん。現在も町の鍛冶屋さんとして農具の修理を請け負う傍ら、約60年ぶりにカンを製作しました。この小さな金具に込められた熱い思いを記録しました。

3.歴民爆笑編(約5分)
 歴史民俗学専攻の学生がカン製作を体験した苦戦あり!笑いあり!感動あり?のドキュメント。爆笑必死!

4.歴民研学祭予告編(約1分)
 2009年11月1日に京町家キャンパスで開催される京都学園大学龍尾祭「そうだ!町家へ行こう!!2009」で上映する映像の予告編。

このうちの予告編をYoutubeにアップロードしています。こちら
以下の日程で上映会をします。ぜひご来場下さい。

10月10日(土)13:00~17:00 京都学生祭典 KYO-SENSE
 京都駅前、プロジェクト保津川ブースにて上映(終了)
10月20日(火)16:40~18:10 大学院/文化地理研究演習
 上映ののち、解説します
10月30日(金)16:00~19:00 京都大学生存基盤科学研究ユニット京滋フィールドステーション事業第16回研究会
 守山フィールドステーションにて上映・発表します。詳しくはこちら
11月1日(日)16:20ごろ~ そうだ!町家へ行こう2009!!
 歴民研活動報告「京都を築いた丹波の筏」内で上映
11月22日(日)10:00~17:00 ヒューマンフェスタ2009「映像で綴る亀岡展 ふるさと再発見」
 ガレリアかめおかにて上映予定

つちのこ亭幸乃鳥
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/10/13(火)   CATEGORY: 活動日誌
京都学生祭典KYO-SENSEに参加しました
P1000034.jpg皆様、連休はいかがお過ごしだったでしょうか。
歴民研の主要メンバーが東京でシンポジウムを手伝っている間、私は京都学生祭典に参加してきました。
京都学生祭典KYO-SENSEとは、実行委員会によると「第6回に発足したKYO-SENSEプロジェクト。KYO-SENSEの「KYO」の言葉には、京都の「京(きょう)」と今日の「今日(きょう)」の意味を込めています。さらには「KYO」という言葉には地域の人々と学生との「協力」という想いを込めました。「SENSE」には良識、意識、意志など意味合いがあります。本企画では「京都」に古くから伝わる伝統的な知恵と、「今日」の最新の技術・知恵を、未来を担う私たち学生の感性「SENSE」で学び、新しいライフスタイルを提案し、学生が中心となって市民のみなさんと協力しながら環境問題に取り組んでいき、新たなメッセージを発信していきます。」としていて、亀岡からはNPO法人プロジェクト保津川が展示ブースを設置しました。
P1000037.jpg P1000035.jpg
ブースでは筏復活プロジェクトの関連展示のほか、「激流を越える平成の筏」「カン製作の記録」を上映しました。
「この前テレビでやってたやつでしょ?」「見たことあるわ」と、主に年配の方に興味を持っていただきました。

P1000032.jpg
お隣は環境問題をテーマにした紙芝居が。

つちのこ亭幸乃鳥
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/10/13(火)   CATEGORY: お知らせ
亀岡市文化資料館第48回企画展開催中
亀岡市文化資料館では、第48回企画展「心学開講280年記念 今よみがえる石田梅岩の教え」が下記の日程で開催されています。
石田梅岩については、学祭で歴民研のメンバーが発表する予定です。

展示期間 2009年9月26日(土)~11月15日(日)
開館時間 9時~17時(入館は16時30分まで)
休館日  月曜日・10月13日(火)
入館料  高校生以上260円 小中学生150円

P1000030.jpgまた、ロビー展示会場には保津川筏復活プロジェクトの関連資料等が展示されています。
画像の展示パネルは歴民研のメンバーが制作しました。



お問い合わせ
亀岡市文化資料館 0771-22-0599

つちのこ亭幸乃鳥
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 歴民研活動報告. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。