歴民研活動報告
このブログでは京都学園大学「歴史民俗研究会」の活動を紹介しています
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
未知との遭遇
20081110185228.jpg
 共同研究室でコーヒーを飲んでいると、何やらカサカサ物音がした。
つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/11/09(日)   CATEGORY: 活動日誌
異界妖怪四十二箇所巡り 鍬山神社
先日私たちの参加した、亀岡祭と関係の深い神社です。
縁起は神話までさかのぼります。由来が気になる方は鍬山神社のHPでご確認ください・・・。

『口丹波口碑集』にもこんな話が載っています。
桑田郡の起源
大巳貴神(大国主神とも申し上ぐ)が国土を経営し給ひし時に丹波国は泥湖にて洪水山を抱き濁浪天を凌ぎ、土人の産業安からず、茲に八柱の神を黒柄嶽に召し給ひ図りあひ給ひて、乃て一葉の船を泛べ一把の鍬を挙げ、保津請田のあたりを疎通し給ひければ、沃土出で来り家郷開けにしより後、人其の徳を尊びこの地に祀りたりと伝説す。
P6引用

こちらの神社は、秋は紅葉の名所で有名だそうで、多くの人が訪れるそうです。また、亀岡の一部の地域では氏神様として古くから信仰されており、大晦日や正月には、初詣などでとても混雑するそうです。

クワヤマ神社鳥居

momiji.jpg

g.jpg

momijino.jpg

3.jpg

周辺地図
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/11/09(日)   CATEGORY: 活動日誌
異界妖怪四十二箇所巡り 那須与一堂
鍬山神社に行った後は、ちょっと寄り道。
那須与一堂へ。

『ふるさと口丹波風土記』にはこんな話が載っています。

那須与市堂のいわれ
 むかし安倍晴明は天文学を学び、わが国天文学の始祖と仰がれたが、晴明は安行山のふもとに法楽寺という寺を建て、阿弥陀如来を本尊として祀り信仰したという。
 源平合戦の時、源義経は老ノ坂をこえ、この時上那須野の住人である那須与市宗高も義経に従ったが、途中亀岡でにわかに発病し身体が動けなくなった。
 与市は法楽寺の阿弥陀如来が霊験あらたかなのを聞いて祈願をこめたところ、病気がなおり、喜んだ与市は霊符を身につけて出発し数々の武勲を立てた。
 特に屋島の合戦のとき「扇の矢」として知られている。
 与市は義経に射落とせと命ぜられたが、小舟に日の丸の扇をつけたこの舟、舟は波にただよいなかなかネライが定まらなかった。
 そこで与市は、阿弥陀如来を一心に念じ、仏の加護を願ったところ、にわかに波が静まり、いまこそと矢を放ったところ、見事に扇のカナメに命中し、敵味方をとわず賞讃をあびた。
 このため与市はますます阿弥陀如来の信仰を深め、凱旋後法楽寺を再興し、自分も出家して仏の信仰に生きたという。
 その後、この法楽寺は火災にあい、信者がかけつけたときは既におそく、焼けおちた堂の中から本尊の如来像が、まばゆい金色の光を放って立っていたという。
 お堂は直ちに再建され、那須与市堂と呼ばれるようになった。
 本尊は先きの霊験あらたかな阿弥陀仏である。
 近年、本尊を信心すれば長生きできるとか、また老後の病気、尿の悩みなどにも霊験あらたかだという。
p.48引用

hi.jpg

お堂への山道には、こんなレトロな電灯も。
i.jpg

k.jpg

周辺地図
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/11/05(水)   CATEGORY: 活動日誌
亀岡市文化資料館第24回特別展に出展中
亀岡市文化資料館では、11月2日(日)から「国の天然記念物アユモドキと保津川水系のサカナたち」が開催されています。保津川の豊かな自然で育っている様々な魚を飼育展示していて、目玉展示のアユモドキは、淀川水系の亀岡と岡山県の一部の河川でしか見られない魚です。
2008110510200001.jpg2008110510200002.jpg歴史民俗研究会では、メンバーがこの特別展に「保津川紀行絵図」と題した絵地図を出展しています。7月から10月半ばにかけて保津川流域に点在する歴史的・文化的な事柄をめぐり、現在行われているまちづくりを絵地図で紹介するもので、保津川と亀岡の人々の営みを再認識するための展示物です。左が絵地図、右が紀行文。
川とは昔から文明が繁栄しているところで、亀岡も保津川の恩恵を受けています。また、2008年は保津川流域各地でさまざまなイベントが展開されました。このほか、保津水車の復元や、保津川木造船復活の動きも目立ってきていることから、最新のまちづくりを伝えたいと思い、保津川を取り上げました。

開催期間 平成20年11月2日(日)~12月7日(日) 9:00~17:00

文化講座① 平成20年11月15日(土)14:00~15:30
「アユモドキと亀岡の魚たち その存在をおびやかすもの」
岩田明久氏(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科准教授)

文化講座② 平成20年11月23日(日)14:00~15:30
「亀岡の農業が育ててきたアユモドキと身近な自然 農業が自然を育むエコミュージアム」
大西信弘氏(京都学園大学バイオ環境学部准教授)

お問い合わせ 亀岡市文化資料館 0771-22-0559

まねーじゃーさん
[ TB*1 | CO*0 ] page top
Copyright © 歴民研活動報告. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。