歴民研活動報告
このブログでは京都学園大学「歴史民俗研究会」の活動を紹介しています
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/06/26(木)   CATEGORY: 活動日誌
筏流しと舟運技術を聴く
 保津川はかつて筏で木材などを運搬していました。その筏流しも、鉄道や船の技術の発展とともに衰退しました。現在、府内には元筏師の方が3名いらっしゃいます。筏の技術や船頭の生活を聞き、記録するため、南丹広域振興局や亀岡市文化資料館を中心に、亀岡・南丹から聞き取り調査が始まりました。

 歴史民俗研究会は、聞き取りの記録や筏づくりイベントの運営に参加することになりました。

 先月の第1回目の聞き取りに引き続き、第2回目の聞き取りが実施されました。今回は「筏の構造と部材」というテーマで、元筏師さんたちが筏をどのように呼んでいたかを中心にお伺いしました。

 日吉町郷土資料館が発行した『大堰川に筏が流れたころ』を題材に、筏の各部分の名称を教えていただきました。筏は丸太10~12本を組み合わせて「1連」といい、それを6連、10連、12連と連結して川を下っていたようです。春に一度、よく乾いた筏の上に台をつけ、近所の子供10人を乗せて嵐山まで下ったこともあるそうです。

 筏師さんたちの間では、1連目を「はな」、2連目を「わき」、3連目を「そ」、最後を「猿尾」と呼んでいたそうです。保津峡を下っているとき、進行方向に対して右を「老」、左を「愛宕」とも言って、「老」は老ノ坂、「愛宕」は愛宕山を指していました。

 やがて世木ダムが完成すると、上流から筏は来なくなり、宇津根浜での筏の組み直しもなくなりました。筏師さんが鵜飼ヶ浜を仕事の現場にしていたころ、国鉄山陰線のデッキから「かん」という筏の道具をこの浜に落としていたこともあったそうです。

 鉄道によって筏や木造船の役目も後退しつつあったころ、汽車の貨車に米や木材、瓦礫を積む仕事をする人が現れました。今回の聞き取りでは鉄道によって生活が少しずつ変わりつつあったころの貴重なお話を聞くことができました。

まねーじゃーさん
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
ひとり百鬼夜行
ひとり百鬼夜行002

つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
ひとり百鬼夜行
ひとり百鬼夜行001
つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
堀田教授
堀田教授

京都学園大学が誇る妖怪B、堀田穣教授。
担当は都市文化史、児童文学史、妖怪文化論Bなど。

(written by タカハシ)
[ TB*0 | CO*0 ] page top
佐々木教授
Q、共研ルネッサンスとは?
A、要するにラクガキコーナーです。
佐々木教授

京都学園大学が誇る妖怪A、佐々木高弘教授。
担当は人文地理学、妖怪文化論Aなど。そして歴史民俗研究会の顧問です。

(written by タカハシ)

つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/06/23(月)   CATEGORY: 活動日誌
落語と怪談「うわなりうち」(2)
3.なぜうわなりうちをするのか
 なぜうわなりうちをするのかということですが、単に前妻の嫉妬心から出る行為だけではないと考えられています。「何のためにするのかというと、根本は、自分らの面目を立てるためで、それをせぬと顔が立たぬのである。」(注3)と折口は言います。また、江戸の風俗研究者の三田村鳶魚も、「女というものは亭主の留守を預かるために、後のように家庭的でなくて、大分世間的でありましたから、女でも自分の一分を立てなければならぬ、ということを考えておった」(注4)とし、当時の一家の夫婦関係は社会的な地位であり、その地位を追われたがために、前妻は後妻に対しての報復行為におよんでいると主張していました。
「安部宗兵衛が妻の怨霊の事」では、「いつの世にかわすれ申さん。やがておもひしり給へ」(注5)とあることから、怪談小説のうわなりうちは、前妻の恨みからきているように描かれています。

4.うわなりうちが怪談として語られる理由
 実際に行われたうわなりうちでは、後妻に危害を加えるだけでしたが、怪談小説の中では、夫にも危害を加えていて、大きな違いがあります。
 さて、怪談小説に描かれる前妻の怨霊の姿は実に恐ろしいものです。原文では、「かの女ぼうこしよりしもはちしをにそまり、たけなるかみをさばき、かほはろくしやうのごとく、かねくろくつけ、すずのごとくなるまなこを見ひらき、口は鰐のごとく」(注6)とあります。単に、怨霊だから幽霊だからと自由に想像して描けるだけではないと私は思います。腰より下が血に染まっている姿は産女という妖怪に似ています。これは、前妻が産婦であった可能性を含んでいるので、前妻の怨霊を誇張して描いたといえます。
 また、近世の怪談小説の書き手の多くが男で、怪談小説の主役や幽霊となるのが女であるのは、単なる偶然とは思えないことからも言えるのではないでしょうか。近世怪談小説の書き手は、うわなりうちの話を聞くたびに、女の嫉妬を恨みにすり替え、怪談として取り上げ、誇張表現したのではないかと考えます。
そして、うわなりうちが怪談として語られるのは、当時の人々の興味が男女夫婦関係の崩壊やその後の話にあったからではないでしょうか。
 そうした話題に人々の需要があった理由を二つ考えました。一つは結婚制度の変化によるもの。中世では、大半が家の継承意識から父母によって結婚が決定され、これは階層を問わず浸透していました。ところが近世になると、武士は「武家諸法度」によって、幕府から許可を得て結婚する形になりました。そして、士農工商に代表される厳格な身分制度と相まって、望まない結婚からくる夫婦の不和や、うわなりうちの話題が絶えなかったであろうということです。もう一つは社会の変化。混沌とした戦国時代から平穏な江戸時代へと移り、うわなりうちの話題に興味が向くほど人々の生活に余裕ができたからではないでしょうか。

5.まとめ
 最後にまとめておくと、実際のうわなりうちは前妻の名誉回復のために行われたものでした。しかし怪談小説では前妻の恨みからきているという違いがあります。そして、嫉妬や怨霊を誇張表現する書き手が、人々の興味を汲み取ってうわなりうちと結びつけました。どうして人々の興味があったのか。それは、近世ではより厳しいものになった結婚制度で望まない結婚が増えたことによって、うわなりうちの話題が絶えなかったことと、平穏な江戸時代では、そのうわなりうちの話題に耳を傾けられるほど、人々の生活に余裕ができたのではないかということです。

(注)
注3 折口信夫「嫉みの話」青空文庫 http://www.aozora.gr.jp/cards/000933/files/18399_14234.html
注4 三田村鳶魚『三田村鳶魚全集 第十一巻』中央公論社 1975年
注5 「諸国百物語」高田衛・原道生『百物語怪談集成』国書刊行会 1993年
注6 「諸国百物語」高田衛・原道生『百物語怪談集成』国書刊行会 1993年

参考文献
氏家幹人『かたき討ち 復讐の作法』中央公論社 2007年
折口信夫「嫉みの話」青空文庫 http://www.aozora.gr.jp/cards/000933/files/18399_14234.html
諏訪春男『日本の幽霊』岩波書店 1987年
関口裕子ほか『家族と結婚の歴史 新装版』森話社 2000年
高田衛・原道生『百物語怪談集成』国書刊行会 1993年
三田村鳶魚『三田村鳶魚全集 第十一巻』中央公論社 1975年
横山泰子『江戸東京の怪談文化の成立と変遷』風間書房 1998年

まねーじゃーさん
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/06/23(月)   CATEGORY: 活動日誌
落語と怪談「うわなりうち」(1)
 近世の怪談小説には、離婚した末に怨霊となった前妻が、新妻や夫に危害を加える話があります。これを「うわなりうち」という風習としてとらえ、なぜうわなりうちが怪談として語られるのか、うわなりうちの意味や人々の興味から説こうと思います。
 まずは、こんな話を紹介します。

 むかし、安部宗兵衛という者がいて、彼は日ごろから妻を酷く扱っていました。妻はそれを悔しく思ううちに病みつき、死んでしまいました。もはや末期というとき、それまでのつらい思いを語り、
「この怨み、決して忘れない。今に思い知るがいい」
と言い残しましたが、宗兵衛は死骸を山に捨て、葬儀も行わなかったのです。
 そして、死んで七日目のこと。宗兵衛が女と寝ていたところ、妻の怨霊が現れました。腰から下は血潮に染まり、長い髪を振り乱し、緑青(りょくしょう)のような顔色をして、歯は黒く、眼はぎらぎらと光って、口が鰐(わに)さながらに裂けていました。
 宗兵衛はなすすべもなく身をすくめているばかりでした。怨霊はそばにいた女を八つ裂きにし、
「今夜はもう帰る。また来て、積年の怨みを晴らすとしよう」
と言って、かき消えました。
 宗兵衛は震え上がりました。翌日は名高い僧たちを呼び大般若経を読むとともに、多数の弓鉄砲をそろえて守りをかためました。
 しかしいつのまに来たのか、怨霊は宗兵衛の背後に立っていたのです。宗兵衛が、なんとなく背中がぞっとするようで振り返ると、怨霊の眼がきっと睨みすえて、
「さてさて、用心の厳しいことよ」
 そう言って凄まじい姿になって、宗兵衛を二つに引き裂き、周囲の女も蹴殺すと、天井を破って虚空に飛び去ったのです。


出典「諸国百物語:安部宗兵衛が妻の怨霊の事」
(高田衛・原道生『百物語怪談集成』国書刊行会 1993年)


1.うわなりうち(後妻打)とは
 この話は江戸時代に書かれた『諸国百物語』という本に「安部宗兵衛が妻の怨霊の事」というタイトルで収録されています。
 うわなりうちというのは、女騒動とか、騒動打とも言われます。民俗学者の折口信夫によると、「自分の夫に新しい愛人ができたとき、その家へ、元からの妻が自分の身内をかたろうて攻めかけて行き、家へ乱入し、その家の道具をめちゃめちゃにしてくる。」(注1)とあり、前妻と離縁してからすぐ(ひと月ほど)に新しい妻を迎えた場合、前妻が後妻に対し報復として住居の破壊などの暴力行為をおこなうことをいいます。

2.いつから行われたのか
 そのうわなりうちは、室町から江戸時代前期にかけて行われていたと言われますが、古い記述は11世紀初期の貴族の日記にありました。
 近世では、うわなりうちをする怨霊を描いた怪談小説が多くみられます。また、山東京伝の『骨董集』や滝沢馬琴の『烹雑(にまぜ)の記』では、うわなりうちの風習を解説・批評しています(注2)。おもしろいことに、これらの文献に記述されているうわなりうちは、前妻が後妻にいついつ騒動に参るということを申し出て、後妻から返事をもらって押しかけていくもので、両方に怪我人が出ないようにと、木刀や竹刀を持って行く者が多く、しかも男は参加しないことになっていたといいます。そのうわなりうちは1644年の頃までは実際に行われていたということです。

(注)
注1 折口信夫「嫉みの話」青空文庫 http://www.aozora.gr.jp/cards/000933/files/18399_14234.html
注2 氏家幹人『かたき討ち 復讐の作法』中央公論社 2007年

まねーじゃーさん
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/06/22(日)   CATEGORY: 活動日誌
歴民研・部長と副部長です。
                    DVC00220.jpg
      
                 皆さん、こんにちは。
                 歴民研の部長(右:青坊主)と副部長(左:化け鼠?)です。

今日は、小椋神社1150年祭を記念して製作されている妖怪映画『虹の峠』の妖怪エキストラに参加して参りました。
撮影場所は、滋賀県大津市仰木という所で、映画『蟲師』の舞台にもなったそうです。田園風景の広がるとても開放感のある場所でした。
私たちが参加したのは百鬼夜行のシーンで、五十人ほどが妖怪の格好をして「どってん どんぶく どどん どん~♪」と歌いながら、黄昏時のあぜ道を歩きました。が、とにかく暑い!蒸し蒸しのお天気な上に、被り物&着物というのは本当に暑かったです。

               DSC00109_convert_20080623001711_convert_20080623002509.jpg

               ↑の写真は地元の小学生です。小さな妖怪さんで、可愛かったです。

               DSC00110_convert_20080623014636.jpg

               ↑う~ん・・・なんだかシュール。
 
               DSC00114_convert_20080623001800_convert_20080623002447.jpg

               ↑お近づきになった妖怪さん。
                 
衣装は、一条妖怪ストリートの皆様が用意してくださったものです。妖怪ストリートさんは、一条の商店街を妖怪で盛り上げようという活動をされている方々です。他にも、現在、妖怪を使って地域を活性化させようという試みをされている方々が結構いらっしゃるそうです。(素晴らしいです~。)学園大でも、妖怪文化論という人気の授業があります。妖怪需要はまだまだ続きそうです・・・。

               DSC00112_convert_20080623002601.jpg


今回の撮影では、いろんな方が参加していて、とっても楽しかったです~。
歴民研もこういうものを作って、文化祭で百鬼夜行したいな~・・・なんて思います・・・。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/06/21(土)   CATEGORY: 活動日誌
落語と怪談 「幽霊飴」
今回は、6月21日のオープンキャンパスで発表した、落語「幽霊飴」について紹介したいと思います。

まず、落語「幽霊飴」とは、どんな話かというと・・・
京都は東山、高台寺の近くのさるお屋敷から、毎晩子持ちの幽霊が出て、鳥辺山・三年坂・二年坂の方へ行くという噂が立った。妙心寺の雲水がこれを聞き、正体を見とどけようと探すうち、幽霊を発見したので跡をつけて二年坂で呼びとめ、事情を聞くと嬰子のために飴を買に来るとのこと。
雲水「あなたはいったいどこに居るのか」といえば、
幽霊「はい、コオダイジ」(『上方演芸辞典』前田勇編 参照)

つまり、「高台寺」と「子を大事」をかけた落ちになっています(笑)
この落語は、明治時代の落語家「桂文の助」が創作したものです。しかし、この落語には、もとになる伝説がありました。それが、全国に流布している「子育て幽霊」伝説です。
それは、大まかに説明すると、「妊娠したまま亡くなった女性が、墓の中で出産し、赤ん坊を育てる為に食べ物を買いに来る、」という話です。この伝説には、よくある結末がありまして、それは、成長した子どもが高僧になるというものです。そこから、この話が仏教説話に利用されていることが伺えます。
桂文の助は、京都の鳥辺野に伝わるこの伝説を利用して、落語を創作したようです。
この、鳥辺野の伝説というのは、同じ京都の連台野から伝わった話だと言う説があります。そして、もっと、遡ると、この伝説は中国の文献『夷堅志〈いけんし〉』(1198年頃・洪邁著)「餅を買う女」に見出すことが出来ます。

このように、幽霊飴伝説は、中国で記述された文献が日本に伝わり、ある地域では記述され、ある地域では口承で伝えられ、そしてまた、記述されて伝わったりしています。このように、伝承とは、口承のみ、書物(記述された文献)のみで伝わるのではなく、さまざまメディアによって現在まで広く伝わっています。

ame.jpg

現在でも、六波羅に、「子育て飴」のお店があります。個人的には、とても懐かしい味のする飴なので、興味のある方は是非行ってみてください。 (算盤坊主)
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/06/21(土)   CATEGORY: 活動日誌
オープンキャンパス第一弾 大成功?
6月21日(土)のオープンキャンパスが無事終了いたしました!
今回は歴民研メンバー三人が参加し(四・三・一回生)、四回生は、「うわなりうち」・三回生は「幽霊飴」・一回生は「小泉八雲の怪談」についてそれぞれの視点から発表しました。
6月は見学に来られる方が一番少ない時期にもかかわらず、さまざまな県から十人ほどいらっしゃっておりました。皆様、お疲れ様でした。
もし、なにか、学生に聞きたいことがございましたら、→rekishi-minzoku2008@hotmail.co.jpにメールしてください。ご意見ご感想など、なんでも結構です。大学の入試や、手続きについてなど、事務的なことはお答えできませんが、今回の発表や、大学生活についてなど、簡単な質問でしたら、学生目線で出来る限りお答えいたします。
それでは、次回のオープンキャンパスも楽しみにしていてください~!
放送部の皆さん力作のセット&演出も素晴らしいですよ~。


Tシャツ

今回のためにこんなTシャツを作りました!歴民研マスコットキャラクターの、二代目「算盤坊主」Tシャツ。(一代目は、乾燥機にかけて絵がぼろぼろに・・・)

肩には、悪意に満ちた「裏算盤坊主」が・・・
DSC00107_convert_20080621173313.jpg
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 歴民研活動報告. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。