歴民研活動報告
このブログでは京都学園大学「歴史民俗研究会」の活動を紹介しています
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/10/16(金)   CATEGORY: 活動報告
みたらし祭り
2009年7月18日(土)~7月21日(火)5:30~22:30、京都市の下鴨神社(賀茂御祖神社)で『みたらし祭』(御手洗祭)が齋行される。
土用の丑の日に、境内にある御手洗池に足をひたすと罪、穢れを祓い、疫病、安産にも効能ありと伝えられる。平安朝以前から齋行された夏越の禊ぎ祓の風習が民間に伝わったもの。期間中、下鴨神社境内の御手洗池に祀られている御手洗社で、裸足になってみたらし池をすすむ「足つけ神事」には、老若男女が集まり、御手洗池で膝までを浸し、無病息災を祈る。
御手洗池から取れた黒い小石は「かん虫封じ神石」としての信仰があり、この日に限り授与されている。

今回参加したのは7月18日(土)。人が溢れるほど多く、「足つけ神事」をするために境内には長蛇の列が見られた。
ドキドキしながらも灯明を手に御手洗池に浸かり、進むと・・・想像以上に水は冷たく、大勢のなか人に火を灯さないか心配でした。
しかし、人に灯すことなく、無事に灯明を移動させることが出来ました。
水から上がり、神水をいただきました。・・・身も心も浄化されたような心地でした。

みたらし祭りには出店も出ており、みたらし団子の出店も・・・人が多く、時間の都合上買うことは出来なかったので未練の眼差しを向けるだけに留めました。

来年は是非とも食してみたいです。


Out of  コスモ

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 歴民研活動報告. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。